情報共有に最適な方法とは?

企業や取引先、会社同士などでファイルや情報を共有するのに便利なのがオンラインストレージです。これを上手く活用するために、まずはよくあるQ&Aを参考にしてみてくださいね。

オンラインストレージに関するQ&A

利用するには何が必要ですか?

インターネットができる環境とブラウザのみで利用することが可能です。

海外とのやり取りも可能ですか?

英語圏にも対応しているので可能です。また、地域を設定して使えるプランもあるので海外とのやり取りにも役立ちますよ。

プライバシーを守る承認機能などはありますか?

オプション機能の中からサービスを利用することができます。また、ファイル送信時やファイルのアップロードを行う際に利用すると安心です。

何でも保存できる

女性

ビジネスでもインターネットを使うことが当たり前になった現代では、オンライン上にストレージを借りておくと利便性が上がります。社員がパソコンで作ったファイルなら、PDFでもテキストでも保存できるため、共有したいデータが多い場合はオンラインストレージを便利に使えるでしょう。

バックアップにも使える

男性

パソコンで作ったデータの中には、絶対に失ってはいけない重要なファイルも存在するはずです。もしも、そのような大切なものがあるのなら、オンラインストレージを使って、自動的にバックアップする設定にしておきましょう。そうすれば、意識をしなくても、勝手にバックアップが作成されているため、もしものときも焦る必要がなくなります。パソコンのハードディスクは破損しやすい部類のパーツなので、備えは用意しておいたほうがよいです。

グループで管理ができる

会社内で取り扱うデータには種類があるため、それらをすべて、社員全員で共有する必要がないケースも多いはずです。そのときは、グループ管理ができるオンラインストレージサービスを活用しましょう。そちらがあれば、グループ単位でデータを共有できるようになるため、余計な情報を余計な部署に流さなくても済むようになります。情報が多すぎるのも混乱を招く原因になるので、グループ管理で整理をして、スッキリとさせるのもよいでしょう。

セキュリティが万全

オンラインストレージにアクセスできる端末を紛失してしまうと、大切なデータが流出してしまう可能性があるので、利用を躊躇する方もいるでしょう。しかし、法人用のオンラインストレージサービスの多くは、アクセス権限を設定できるようになっています。つまり、端末を紛失したときは、そのユーザーのアクセス権限を取り消せばよいだけです。そうすれば、その端末からは情報にアクセスできないようになるため、個人情報の流出を防ぐことができます。

広告募集中